ビットコインって何?

ビットコインとは

ビットコイン(或いはBTC)は政府や中央銀行などの中央機関を介さず、インターネット上で取引や通貨発行が行われる「分散型仮想通貨」のことです。中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるため、ビットコインは迅速に、安価で、支払いのプライバシーを提供することができます。世の中の最初の暗号通貨とも言われますが、ビットコインは暗号化された電子マネーとして世界中のどこでもだれとでも貨幣取引を行うことができます。そして、その暗号化ルールの有効活用を通し、通貨の有効性と取引ごとの信頼性を誰でも検証することができます。


Bitcoinそれともbitcoin?

Bitcoin-大文字のBitcoinは、通常分散型ピア・トゥー・ピア(通称P2P)ネットワークのことを示しております。また、仲介者なしでユーザ間のトランザクション(ビットコインの所有権移転・取引)が直接に行うことを可能になったため、Bitcoinといえば、こういったトランザクションのプロトコルまたはトランスファー技術とも認識されます。

bitcoin-小文字のbitcoinは、大文字のBitcoinネットワーク上に存在する仮想通貨のことです。アメリカではドル、ヨーロッパではユーロ、そしてイギリスではポンドのように、ビットコインはインターネット上の通貨として認識されます。

Bitcoinは信頼できますか?

Bitcoinはオープンソースのプロトコルです。 したがって、業界の専門家、学者、研究者など、誰でもビットコインを監査することができます。また、分散コンピューティングのビットコインは、銀行や通常の支払い機関のような単一の管理者を置かないため、信頼性を保証するのも単一の金融機関ではありません。その代わりに、ビットコインの信頼性はシステム上のすべての人々をシンクロナイズして、複雑な計算を解決する工程から生じます。こういったネットワークを安全にさせるデーターマイニングと取引を検証するプロセスは「採掘(マイニング)」と呼ばれ、その採掘に貢献する参加者達は「採掘者(マイナー)」として知られます。

ビットコインの価額相場はどうやって決まりますか?

ビットコインの価額は、需要と供給のみで決められます。ある意味で、ビットコインは経済学の視点から見て、数少ない本当の自由市場とも言えますでしょう。分散型通貨であるため、政府や金融機関の介入で価値を影響することは全くありません。簡単に言えば、買い手が大量のビットコインを購入すると、ビットコインの価額が高騰し、逆に大量の売却をすると価額が下がり、時価のようなものです。

なぜビットコインを使いますか?

ビットコインは、現在デジタルの時代において非常に優れたお支払いの方法です。 まず、ビットコインの取引コストは実質的に無料であるため、デビットカードやクレジットカードに比べて、使用する際のコストは簡単で安くに抑えます。 また、ビットコインはグローバルに認識されているため、海外送金や国際取引の際に障害なく行うことができ、健全なプラットフォームを提供してくれます。 最後に、ビットコインの支払いはほとんど瞬時に行われるので、受領者は決済を待つ必要はありません。その他、 プライバシーや、小額決済、自律性などの利点について言及していないが、全てビットコインのメリットとして認識していいでしょう。

ビットコインはどこで買えますか?

こちらSpectroCoin.comでは、銀行振込、デビットカード、クレジットカード、現金、または様々な電子財布など、数多くのビットコインを購入するオプションをご提供しております。 取引内容を一旦確認すれば、僅か数分の間にビットコインを入手できます。

ビットコインはどうやって使ったらいいでしょう?

ビットコイン決済を導入した店舗やサービス提供者の数は毎日増えています。 そして、われわれSpectroCoinのデビットカードを使えば、世界中の2,000万以上の店舗と3,000万台以上のATMでビットコインのお支払・お引落しなどのサービスを使うことができます。こちらのホームページで、ビットコイン・デビットカードの申し込みが可能です。